ザ・ファブルの漫画最終回のネタバレと感想!プロポーズの結果と今後の展開を予想

スポンサーリンク
ten

こんにちは、てんです!

 

皆さんはザ・ファブル読み終わりましたか?

 

 

ザ・ファブルは2014年に週刊ヤングマガジンから連載開始になり、2019年に第一部完結(全22巻)、今は第二部の連載に向けて絶賛準備中の大人気漫画です。

 

今回はそんな大人気漫画のネタバレと感想を書いていきたいと思います!

 

2月5日に2作目の実写映画が公開されます。

 

1作目は

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

こんな感じの内容でしたが、2作目は大いに期待しましょう!

 

 

映画公開にむけてさくっとファブルを流し読み~~~~

 

ザ・ファブルとはどんな話?ネタバレと感想!

 

ちゃん速 - ザ・ファブル

出典:ちゃん速http://chansoku.com/archives/cat_133397.html

 

まず読んだことがないという方のためにざっくりとどんな漫画なのかを説明していきます。

 

ーザ・ファブルー

 

殺しの天才といわれた主人公の佐藤明(さとうあきら)。

 

ボスの指令で1年間、殺しをせず一般人になってみろと言われます。

 

殺し屋での生活が基本だった佐藤明は、どんな生活が一般的なことなのか、まずはそこから知る必要がありました。

 

 

 

ファブルとは、闇の世界で名を挙げた彼が属している組織を、その世界の人たちが総称したあだ名みたいなもの。

 

ファブルは基本2人体制で行動。

 

片方が主に現場での仕事(殺し)、もう一人はその現場での仕事をサポートする相方役。

 

佐藤明には佐藤洋子という相方が付きます。

 

この組織は名前もつねに偽名を与えられ、この二人は兄弟という設定で一般の世界に投げ出されました。

 

一般的なことが何もわからない佐藤明は、妹役の佐藤洋子にあれはダメ、それはダメ、これはダメ!と舵をきってもらいながら一般生活になんとかなじんでいきます。

 

しかし、その殺しの腕と、もともとは闇の世界で生きてきた性としていろんなトラブルに巻き込まれていきます。

 

その中でなにが大切かを知り、佐藤明は自分なりの答えと道を決めていきます。

 

そして殺し屋佐藤明が出した答えとは・・・

 

 

今までの漫画になかった斬新な設定と、絶妙な絵のタッチで自分はどハマりして全巻大人買いしました。。(笑)

 

最初はこの絵のタッチに抵抗がある人もいるとは思うのですが、1巻の途中に慣れると思います!

 

続きがほんとに気になるストーリー構成と、一人一人のキャラが際立っていて全てのキャラに感情移入できるキャラ設定がこの漫画の魅力です。

 

フィクションではあるのですが、どこか現実味がありそうな話の作り方が怖くもあり面白くもあり、気づけば2日で全巻読み終わりました(もちろん2日間とも仕事デス)。

 

そんな世界観をだしてくれることを2作目の映画には期待したいところです!

最終回は意外な展開に

ザ・ファブル」第1部完結となる22巻&未収録作を収めた短編集「ざ・ふぁぶる」 - コミックナタリー

出典:ナタリーhttps://natalie.mu/comic/news/382003

 

最終巻22巻は2020年6月5日に発売されました。

 

 

 

ついに山岡(ファブルの幹部)との決着。

 

この漫画の最終ボスとして設定された山岡。

 

山岡は殺し方にストーリーを付け加え、それを楽しむ異常者。

 

幹部ってこともあり実力も折り紙付き。

 

部下二人(アザミとユーカリ)とともに佐藤明を迎え撃ちますが、佐藤明は最終ボス山岡の前でも圧倒的な強さを見せます。

 

 

 

 

 

 

それを黙ってみていた真黒組の組長蛯原。

 

 

場面は変わり前真黒組の組長を殺した二郎を追っていたマツと佐藤洋子。

 

京都の山の中でテントを張っている二郎を見つけます。

 

場面は戻り山岡VS佐藤明

 

追い詰めた佐藤明、足を撃たれて動けない山岡。

 

後は打てば終わりというところで佐藤明のためらいがよぎります。

 

今まで殺すことをただの仕事としか思っていなかった佐藤明だが一般人として生活していく中で芽生えた優しさや感謝に「殺したくない」という感情が生まれます。

 

しかしそこまで黙ってみていた蛯原が、窓の外で待機していた部下(高橋)に拳銃を投げさせ、足を撃たれてひざまずいている山岡を後ろから2発撃ちこみ山岡はあっけなく死んでしまいます。

 

これで終わりだとその場を終息させそこから出て行く佐藤明だが、外に出るとボスがキャンピングカーの中で待機していました。

 

中へ入れと佐藤明へ指示を出すボス。

 

中へ入り二人で話しを始めます。

 

なぜ一年間の一般人生活を指示したか、これから組織はどういう方向へ動き出そうとしているか、佐藤明はこれからどうするべきかを話し合い、場面は二郎のところへ。

 

二郎もあっけなく死んでしまい、物語はそれぞれの結末へ向かっていきます。

 

ボスとの話し合いで旅に出ることを決めた佐藤明は、バイト先だったオクトパスへ退職希望を出します。

 

家に帰り佐藤洋子、アザミ、ユーカリにボスとの話した内容、殺し屋稼業はもう終わりだということを伝え、本当の普通の生活を始めるということをみんなに伝えます。

 

それぞれがケジメをつけ、それぞれの道を歩いていく描写が続き、最後は佐藤明の退職日になります。

 

ここで旅の目的が「人助け」ということをオクトパスの社長、ミサキへ伝えます。

 

ボスとのキャンピングカーでの会話の中にあった一つです。

 

そしてここでいきなりミサキへのプロポーズ!

 

それを承諾するミサキ。

 

ここが1番驚きましたね(笑)

 

何の前触れもなくいきなりのプロポーズ。

 

佐藤明のキャラ設定をうまく使った感動シーンでした(笑)

 

 

 

そして明と洋子はキャンピングカーで旅に出ます。

 

どこかの駐車場で過ごしているところで第一部完結。

 

 

 

 

 

色んな漫画の最終回を見てきましたが、なんかホッとしたというか、心暖かく終われた漫画でした。

 

殺し屋という暗い話の展開になりそうな漫画でしたが、こういう描き方があるんだなと感心させられました(笑)

 

気になる第二部

 

緊急朗報】「ザ・ファブル」実写映画化決定!!!!!(画像あり) : ちゃん速

出典::ちゃん速http://chansoku.com/archives/10190273.html

作者本人が第二部を作成中として明言されているので、第二部は間違いなく出ます!

 

ただ思ったより時間がかかっているそうです(涙)

 

当初は2020年夏に連載予定と書いてましたが、今はもう2021年・・・

 

でもファブルファンとして気長に待ちましょう!

 

おそらく今度は人助けがメインの話しになるのではないでしょうか。

 

第一部の殺し屋稼業とは正反対のストーリーになることが予想されます。

 

今度はどんな構成でお話が進められていくか、今からわくわくしています( *´艸`)

 

それまではキングダムで時間をつぶしていこうかな(*’▽’)

 

まとめ

出典:まんが発売日https://xn--v8j5erc590uusnxox.com/

 

 

 

 

今回は最終回のネタバレや感想について書かせていただきました!

 

いや~ほんとにおもしろい漫画ですよ。

 

映画も単体で楽しめるとは思いますが、原作を知ってから観る方が断然楽しめると思います!

 

個人的には岡田君がもっとこう佐藤明感を出してくれれば文句はないのですが( ;∀;)

 

映画だとクールキャラというよりなんかふてくされて怒ってるような感じがするんですよね。。

 

名俳優であるのは間違いないのですが・・・

 

とりあえず2月5日の映画をまずは楽しみにしましょう!

 

ではまた~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました