~スラムダンク~流川がパスをしてから山王を圧倒した理由は?桜木へのパスの回数も調査

スポンサーリンク
ten

なにか新しいことを1つ知る、なにか新しいことを1つやってみる、やってみて初めて気づくことって普段生活してる中でも意外と多いのではないでしょうか。

これが正しい選択だ、と思っていても視野を広げればそれはほんのちっぽけな自分の中だけの世界だったことに気付くことも少なくないはず。

こんにちは、今回は冒頭をしっとりとキメたてんです。

今回は流川が山王戦で覚醒したきっかけとなった「味方へのパス」を解説していきます。

たかがパスでなぜあの状況をひっくり返せたの?と思った読者も多いのでは。

今回は実際の状況も交えてわかりやすく伝えていけたらと思います!

まずはあの試合でパスをするきっかけとなった出来事を紹介していきます。

 

~スラムダンク~流川がパスをするようになったきっかけ

 


パスって団体球技でいうと普通のプレーなんじゃないの?と思った方。

その通りです。

パスは団体球技をやる上で必ずするプレーの1つです。

ただ中には周りを信用しない、自分が目立ちたい、こういった理由でワンマンプレーをするプレイヤーも少なくないです。

そして、今回の記事の題材である流川がそこに該当します。

ただそういった人に共通するのが、圧倒的なテクニックを持っているということ。

まわりにパスを回すより自分で得点を取りに行った方が早い、もしくは確率が高い、こういう風な思考をもっています。

 

タイトルにある流川パスをするきっかけになった試合はこの作品の最終試合である山王戦。

相手の強さに攻め手を欠いた湘北はエースである流川に全てをたくします。

しかし流川も懸命に得点を取ることをこころみますが、それもうまくいかず。

そして本当のがけっぷちに立たされた流川は、あることに気付きます。

「自分が得点しなければ」

から

「チームが得点しなければ」

という思考に切り替わります。

ここから流川は殻をやぶったかのようなプレーが続き、日本一である山王を圧倒していきます。

パスをすることで自分が得点できないかわりに周りを使い始めました。

流川がフォワード兼ポイントガードの役割を担ったような感じですね。

ポジションについてはこちらで詳しく書いています。

~スラムダンク~湘北メンバーのポジションはどこ?各ポジションの役割も解説
スラムダンクは好きだけど、バスケットのルールや動きがよくわからない、なんとなく得点を多く取ったほうが勝ちなのはわかるけど...

ではなぜパスをしただけで日本一である山王さえも圧倒できたのか、そこを解説していきます。

~スラムダンク~流川がパスをしてからなぜ山王を圧倒した?

 


まず、パスをしたから」山王を圧倒したのではありません。

流川パスをしたから」山王を圧倒できたのです。

もう少し深掘りしていきますね。

山王は湘北と戦う前、過去の試合で湘北を徹底的に研究していきました。

各個人の特徴とクセを見極め、相手につけ入るスキを与えない、強豪校ほどこの取り組みが徹底されています。

山王も然り。

これで実力ともに湘北を圧倒していきます。

流川がエースではあるが、ワンマンプレーが多く守りやすい、ようは1対1しか仕掛けてこないからディフェンスが迷わない、こういうことになります。

しかし湘北というチームがどんなチームか、それを頭に叩き込んで望んだ試合でしたが、逆にそれが仇となり予想外の展開に浮き足立ってしまった結果、山王は敗北を喫してしまいます。

山王も貫禄を見せてはいても同じ高校生。

覚醒した流川を予想できなかった、おそらくこれが山王を圧倒した理由かと思います。

 

ーゾーンー

 

一流のプレイヤーはまれにゾーン状態に入ることがあります。

ゾーンとは、究極の集中状態。

そこに入った人は研ぎ澄まされた集中力から驚異的なプレーを連発し、相手を圧倒していきます。

私は一流プレイヤーではありませんが、一度だけその状態なのか?というような状態になったことがあります。

その時は視界は360度見えてるんじゃないかというほど周りの動きが視えたり、打つシュートがバンバン入ったりとほんとに何をやっても上手くいく状態でした。

試合中は「俺今ゾーン入ってるわ〜」とかは思わないのですが、終わった後に自分のプレーに感動してました(笑)

流川も自分ではなくチームで得点を取る、というのがトリガーとなりこのゾーン状態に入ったかと思われます。

ゾーン状態は確かに驚異的な動きをしますが、何もその時だけの特別な力ではありません。

もちろん記憶もちゃんとあるのでその時のプレーを学んでレベルアップするきっかけにもなります。

次では流川パスを覚えて気付いたことをいくつかあげていきます。

~スラムダンク~流川がパスを覚えて気づいたこと

 


流川パスを知らなかった、ということは間違いなくありません(笑)

しかし、パスをすることでどういう化学反応が起こるか、これを流川は知りませんでした。

過去に安西先生と仙道に同じようなことを言われています。

安西「君はまだ仙道君には及ばない。その意味を?」

仙道「11も選択肢の1つ、それがわからねーうちはお前には負ける気がしない」

この2つです。

どちらもパスを含む周りとの連携を示唆しているかのようなセリフ。

言われた当時は理解出来なかった流川

しかし今まで意識してこなかったパスを、意識してパスをしたことでその言葉の意味を理解します。

そこからの流川はもともとのバスケセンスがずば抜けていたこともあり、すぐに吸収しゾーン状態に入りました。

冒頭で述べた今までしてこなかった未知の領域に踏み入ることで、新しい世界が広がった、そんな感じですね。

流川パスをして気付いたことといえば

  • 周りを信頼すること
  • パスをすることで新しい攻めができる
  • パスをすることで自分の得点力もあがる
  • 自分より経験やレベルが上のものの意見は聞き入れる

おもにこの4つかなと思われます。

知ってはいたはずのプレーなのに、意識してプレーするだけでこんなにも世界が広がるとは、レベルが上がる瞬間とはこういうものなのかもしれないですね。

あの仲が悪い(ようにみえる)桜木にもパスを出すシーンがありましたね。

あれは感動しました(涙)

でも実は桜木にパスを出したのはこの山王戦だけではないってしってましたか!?

次では桜木に出したパスの回数とそのシーンを解説していきます。

~スラムダンク~桜木にだしたパスの回数は?個人的に気になるシーンも・・

 


桜木パスをだした回数は全話で3回になります。

シチュエーションとしては

  1. 湘北の練習中の紅白戦
  2. 陵南との練習試合
  3. 山王戦

こちらになりますが、相手を信頼したパスは山王戦のみですね。

他のパスシーンはリターンパスなどをもらうために一度パスした、的な感じなのでまぁパスにふくまれるか微妙なところですね(笑)

ちなみに山王戦ですこしだけ気になるというか、そんな部分があったので解説していきます。

山王戦では全部で2回湘北が山王を逆転しています。

前半部分はあまり描かれていなかったので含みません。

場面で言うと

  • 山王76-77湘北  流川のゴール下
  • 山王78ー79湘北  桜木のミドルシュート

こちらの2回になります。

実はこのシーン見てわかる通り決めたのが流川桜木になっています。

そしてアシスト(パスした相手が決めたらアシストとカウントする)したのが1回目の逆転時は桜木で2回目の逆転時は流川になっています。

お互いにパスをしてこなかった物どうしが2回の逆転で絡ませてきたのは井上先生のなんかしらの意図があるのでは・・・

もしかしたら最後のハイタッチの深みをだすためかもしれませんね。

と、昔からきになっていたというか、井上先生がわざとそうしたのかなぁと思っていたのでここで書いてみました(笑)

まとめ

 


今回は流川が覚醒したきっかけとなった「味方へのパス」について語ってきました。

たかがパスかと思いきや、そこにつながる物語、その先の物語が奥が深いことに、この記事を書いてて私自身も気付きました。

何事もチャレンジしないとチャンスはつかみ取れないんだなと、バスケットだけにとどまらず私たちの私生活の部分でも共通するものはおおいにあるのではないでしょうか。

この流川もきっとこの試合をきっかけに大きくバスケスタイルも変わっていきそうだなと個人的に思います。

実際私のバスケット人生を大きく変えたのは小学校の時の先生だったのですが、天狗になった鼻をいとも簡単に折られてそこから1からスタートしたことでその後のバスケ人生に大きな変化をもたらしてくれました。

きっかけをつかむのは「行動」ってことでしょうね!

マンガでもほんとに勉強になりますね〜

ではまた次の記事で(*´∀`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました