~スラムダンク~宮城リョータの身長と体重は?かっこいいプレースタイルの特徴と魅力についても解説

スポンサーリンク
アウトドア

こんにちは、身長182㎝のてんです!

今回はスラムダンクに登場する宮城リョータのプロフィールとプレーの特徴などを解説していきたいと思います。

宮城スラムダンクの中でも人気のキャラクター。

バスケットのプレーやそのルックスで多くのファンを集めています。

そんな宮城を今回はとことん深堀りしていきたいと思います!

まずは簡単なプロフィールから紹介していきます。

~スラムダンク~宮城リョータの身長と体重は?簡単なプロフィールを紹介

 


宮城リョータのプロフィール

 

名前宮城リョータ   
身長168㎝
体重59キロ
ポジションポイントガード
出身中学不明

こんな感じでバスケット選手の中ではかなり小柄なほう。

卒業中学は不明ですが、チームメイトの安田と同じ中学だったことは判明しています。

小学生のときからその才能は一目おくものがあり、現陵南の監督の田岡も「神奈川で五指に入るほどの実力者」と言わせるほど。

そんな彼にもやはり強豪校の誘いはあったものの、憧れる安西先生のもとでバスケがしたいというのもあり、推薦は全て蹴り湘北高校へ入学します。

明るく冗談も言える性格で、主人公の桜木花道との相性はぴったり。

マネージャーの彩子のことを好いており、何かあるたびに彩子の反応を伺うかわいい一面も持っています。

しかし上級生ともめてしまい休部を余儀なくされてしまいます。

長期間部活から離脱したものの、帰ってきてからの宮城は湘北の司令塔としてチームのポイントガードの地位を確実なものとします。

昔からの目標である神奈川No.1のガードを目指しており、作中数々の強豪校に立ち向かいますが、宮城らしさを武器に名のある選手の脳裏に刻ませるプレーを何度も披露して困難を乗り越えていきます。

宮城のうまさと安定感は見ててしっかりと伝わりますが、そんな宮城のプレーの特徴を次では解説していきたいと思います。

~スラムダンク~宮城のプレーの特徴は?

 


プレーの特徴はなんといっても素早さと強靭なメンタルからくるゲーム展開。

自分には身長がないことでそもそも戦う土俵にすら上がれない、そんなコンプレックスを持っており何度か心が折れかけている描写があります。

しかしそれは言いかえれば自分の弱点を自覚しているということ。

自覚をしていると自分には他に何ができるかという思考になります。

よって宮城は小さいなりの戦い方を常に考え、行動していく、という習慣が身に付いています。

そこで手に入れたドリブルテクニックとクイックネス。

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!」

山王戦ででた宮城の名言ですね。

まさにこの通りに自分の道を進んでいきます。

そこで培(つちか)われた考え方が、宮城の組み立てるゲーム展開にも生きていきます。

激戦区の神奈川ですが、特にどのチームもポイントガードが名選手ばかりです。

宮城のポジションですね。

 

~スラムダンク~湘北メンバーのポジションはどこ?各ポジションの役割も解説
スラムダンクは好きだけど、バスケットのルールや動きがよくわからない、なんとなく得点を多く取ったほうが勝ちなのはわかるけど...

 

全国でも日本一のガードとあたるなど、普通だったらそのプレッシャーに何度も押しつぶされてしまいそうな場面でも、宮城はどうしたら超えていけるか、という思考が最初にきます。

簡単なようでこの思考を身につけるには相当大変です。

このように宮城は常に諦めない姿勢と持ち前のクイックネスとテクニックで、相手の経験と実力を時には上回る活躍をします。

ポイントガードはチームの司令塔。

ここが崩れるとゲーム展開自体むずかしくなってきます。

ポイントガードにとって1番といっていいほど必要な能力をすでに持ち合わせており、宮城にとってはピッタリのポジションなのかなと思います。

しかしバスケットには、よく身長が低いと「身長がな〜」というようなマイナスな発言を耳にするかと思います。

次では身長が低いというだけで落ち込むな!といってるような宮城のかっこいい魅力を解説していきます!

~スラムダンク~宮城リョータのかっこいい魅力

 


結論、身長で不利と有利は多少なりとあると思いますが、向き不向きは全く関係ないです。

先ほども書いた通り自分にはどの役割が与えられているかを考えることが重要です。

身長が低いひとはついそれを悲観的に考えてしまいがちです。

しかし身長は、技術と違い努力でどうにかなる問題ではないです。

だからです!

努力でどうにもできないなら悩んでいてもしょうがないのでは?

そこに費やす時間を、どの役割を与えられ、どうこなしていくかを考える方が有益です!

そういうところも、宮城を見ているとものすごく勉強になると思います。

〜あれから10日後〜のお話しは有名かと思いますが、キャプテンになった宮城はあのお話しの中でキャプテンに関する本を屋上で読んでいる描写があります。

ポイントガードの才能もそうですが、おそらく宮城は壁にぶつかった時や高い壁がおそらく来ると思った時は、自主的に勉強をする性格なんだと思います。

だからこその今のプレーや習慣が身についてるのかなと個人的な予想でしかないですが、私はそう思います!

まとめ

 


今回は宮城リョータについて深掘りしていきました。

マンガではありますがリアルな部活動を本当にうまく描いているなと思います。

宮城はバスケット選手にしては小柄ながら、そのメリットを最大限に活かしたプレーが宮城の魅力になります。

私もちょうど青春時代がスラムダンクの全盛期だったので、たくさん勉強させていただきました(笑)

新チームのキャプテンとなった宮城はポジションだけにとどまらず、キャプテンとしての重圧ものしかかってきます。

そこの先を本当に読みたい…!

勝手に予想した記事も書いてみましたのでお時間あれば見てみてください!

 

【スラムダンク】桜木花道のその後を徹底予想!プロになる可能性についても
こんにちは、この前髪を赤く染めたら冷ややかな視線をあびたてんです! 今回は1996年に連載が終了したマンガ、スラム...

 

ではまた次の記事で〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました