【スラムダンク】山王戦は単行本の何巻に収録されている?山王のモデルとなった高校についても

スポンサーリンク
ten

こんにちは、バスケ大好きてんです!

みなさんバスケ漫画と言えば何を連想させますか?

はい、スラムダンクと答えたあなた!大体の年齢がばれてしまうのでお気を付けください!(笑)

冗談はさておき今でこそ見たことない若者も結構いたりしますが、認知度としては昔から色あせることなくかなり高いです。

全31巻(通常版)におよぶ至高の名作スラムダンクですが海南戦、陵南戦、翔陽戦etc・・・

全ての戦いにおいて最高傑作といえるほどの完成度で描かれていますが、みなさんはどこが1番おもしろかったですか?

 

ちなみに私はダンゼン山王戦になります!

 

あの完成度は本当にすごかった。

きっと井上先生自身も納得のいく仕上がりだったのではないでしょうか。

その山王戦をまた読みたい!や、そんなに面白いなら読んでみたい!と思った方、こちらの記事でその山王戦何巻で描かれているかを通常版、完全版含め紹介していきたいと思います!

【スラムダンク】山王戦は単行本の何巻に収録されている?

 


スラムダンクには通常版と完全版、新装版の3種類が発売されています。

中身の違いはないですが(新装版はキリがいいようにまとめられている)、1冊に収録されている話数がちがうため、全巻の巻数が異なります。

ちなみにそれぞれの全巻の巻数は以下の通り

  • 通常版 全31巻
  • 完全版 全24巻
  • 新装版 全20巻

 

その中で山王戦が描かれている巻は

  • 通常版 25~31巻
  • 完全版 20~24巻
  • 新装版 16~20巻

山王戦だけで5巻分~7巻分ほど使っています。

主に最初の2巻分を前半戦、残り3巻分~5巻分を後半戦が描かれています。

やはりクライマックスへ向かう後半戦が厚く描かれているという印象ですね。

最終戦ということもあり、なかなかのボリュームで描かれていることがわかります。

 

ちなみにバスケ経験者なら気づいた方も多いと思いますが、この最強山王、実はモデルとなる高校があるのをご存じでしょうか?

え、こんな強いチーム実在するの?と思われる方も多いと思いますが、はい、実在するんです。

まさに山王のような無敵の強さを誇ったチームが当時は存在していました。

次ではそこを触れていきます。

【スラムダンク】山王のモデルとなった高校は?

 


山王工業は秋田県にある高校と設定されています。

そしてモデルとなる高校も同じく秋田県、能代工業高校になります(2021年現在は統合し能代科学技術高等学校)。

この能代高校は、バスケ経験者ならだれでも知ってるほどの超超超名門校。

能代市の駅にはバスケットゴールが設置されていたり、町中の街灯がバスケットゴールのデザインになっているほど、地域ぐるみでバスケットが愛されている町です。

高校バスケットの大きな3大大会のインターハイ、国体、ウィンターカップで通算58回も日本の頂点にたちました。

恐ろしい成績ですよね。。。

その中でもやはり際立って有名なのが日本人初のNBAプレイヤーの田臥雄太選手の存在です。

バスケ界の著名人を数多く輩出している当校ですがその中でも群を抜いて名前が知れ渡っています。

2021年現在、40歳を超えてなお現役で戦っているレジェンド。

サッカーでいうとカズ選手のようなものですね。

この田臥選手が在籍していた3年間が特にすごくて公式戦で1度も負けたことがないという成績を残しています。

今でこそ全国大会の優勝校にばらつきはありますが、当時は本当に能代1強といっていいぐらいの強さでした。

スラムダンクに登場してくるこの山王工業も唯一無二の強さを持ち、作中最強という設定で描かれています。

その山王と全国の2回戦であたってしまった湘北高校(主人公の在籍している高校)ですが、次では山王戦の見どころを紹介していきます!

【スラムダンク】山王戦の見どころ

 


山王戦の流れは以下の通りで進んでいきます。

  1. 山王戦のプレッシャーの克服
  2. 前半戦
  3. 山王の逆襲
  4. 桜木を起点とした追い上げ
  5. 山王エースの逆襲
  6. 湘北の流川の覚醒
  7. クライマックス

起承転結としてはこのような感じで進んでいくんですが、冒頭でのべたように完成度としては文句のつけようがない出来なのでみどころとしては全部!ってことになってしまいます(笑)

とりあげていうならば、個人的に好きなのはやはり湘北が劣勢よりも盛り返してるところが好きなので4と6と7のところが非常におもしろいですね。

全部後半戦ということになります。

かなり緊迫した状況が続くので、まるで会場にいるかのように手に汗握る試合展開が最後まで続きます。

モデルとなった能代工業を彷彿とさせる強さの描き方は本当に圧巻です。

まとめ

 


今回はスラムダンク山王戦について書いてきました。

スラムダンクのよさは現実離れしていないところが1番の良さかと思います。

最近はスポーツマンガでも必殺技が登場したり常識をこえた身体能力であったり、それはそれでおもしろいんですがなんとなく格闘マンガをみている感覚ににてきてしまいます。

私は実際に学生時代バスケットをずっとしてきたので、このスラムダンクの描き方は非常に好みでした(笑)

最初にのべたように山王戦は私のなかで本当に過去の熱い大会を思い出させてくれました。

そう思った方も多いかと思いますので、ぜひこの記事を参考にしていただき山王戦を読み返してみてください(*’▽’)

井上先生の作品で「リアル」というバスケマンガもあります。

こちらも非常におもしろい作品ですので、スラムダンクをまだ見てない方は見た後に読んでみてください!(笑)

それではまた~ノシシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました