【キングダム】合従軍編の次はどんな展開?オススメの面白い見どころ10選

スポンサーリンク
ten

どうも!先の話しを知りたいけどネタバレが嫌いなてんです!

今回は合従軍の次はどんな話?ってところを解説していきたいと思います!

私自身、合従軍ほど大きな戦いが現在発売されている単行本の中でも割と序盤から中盤にかけて終わってしまって、その次ってそれ以上の展開をどう描くんだろうと思うほど、合従軍は衝撃が大きかったです。

ただ!

心配無用です。

振り返ると合従軍戦が1番かなぁとは思うのですが、その合従軍戦がかすんでしまうくらいの展開がちゃんと待ってます。

まずは合従軍戦のすぐ後の話しから解説していきたいと思います。

アニメが再開されますがちょうど合従軍戦が始まるとこなので、ふり返りたい方はこちらを読んでください!

 

【キングダム】3期5話の放送はいつからされる?合従軍編のネタバレについても
どうも、最近伍長に昇格したてんです! コロナの影響で延期となっていたキングダムのアニメがとうとう再開しますね! ...



合従軍編の次は羌瘣の敵討ちから王弟謀反編へ

 


大きな戦というよりは、サイドストーリー的な展開になります。

皆さんも大好きな羌瘣副長の敵討ち編ですね。

編というには一瞬で終わってしまう内容なのでちょっと違和感を感じますが、区切るという意味で編という言葉を使わせていただきます。

羌瘣副長の敵討ち編

ここは羌瘣が登場してからいつか来るだろうと読者の皆さんが思ってた通りだったと思います。

合従軍戦には参戦していなかった羌瘣でしたが、話の分岐点というところでこのストーリーをもってきたのは、繋ぎとしては非常にスムーズにこの展開にいったと思います。

登場初期から敵討ちをするために旅を続けてきた羌瘣ですが、ついにここで標的となる幽連と出会います。

生きる意味を復讐に見出していた羌瘣ですが、飛信隊に入ることで徐々に彼女に人間性が生まれていき、飛信隊を「帰る場所」として、新しく生きる目標を定めたことで彼女の強さは限界を突破します。

厳しい戦いの中、なんとか敵討ちに成功し、彼女は「帰る場所」へと歩を進めました。

個人的に好きなキャラは王翦(おうせん)将軍ですが、僅差で羌瘣副長が2番目に好きなキャラです!

何がいいってまず強いし可愛いし可愛い!(笑)

そんな羌瘣のサイドストーリーは私はがっつり楽しめました(*’▽’)

王弟謀反編

謀反!?

また!?

と思ったそこのあなた、ここの話しは悲しくも切ない、弟の生き様を見事に書き上げた展開となりました。

謀反とは

謀反(むほん、むへん、ぼうへん)は、国家・君主・主君・時の為政者にそむくことである[1]謀叛とも表記するが、厳密には後述のように表記や読み方、また時代によって差異がある。特に武力・軍事力を動員して反乱を起こすことを指すことが多いが、少人数で君主・主君を暗殺する行為を謀反ということもある。ただし、近代の事件を指して謀反の語を使うことはまれであり、基本的に前近代の事件を指す言葉である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%80%E5%8F%8D

秦王・政の弟に位置する成蟜。

合従軍で秦王が王座を空けるときに、かつてその席を狙って謀反を起こした弟・成蟜にその空座を預けました。

これは秦王の弟に対する信頼を表していましたね。

謀反は許される行為ではなかったにしろ、二度同じことを繰り返すバカではない、という弟の本質的な部分を見抜いていた秦王はやはり兄なんだなと、コマ数にすれば大したコマ数ではなかったですが、すごく重みのある部分でした。

弟は見事に留守をやり遂げましたが、呂不韋(りょふい)の画策により成蟜ははめられてしまいます。

ー王弟謀反ー

キングダム】成蟜(せいきょう)の最後に感動!死亡した状況は史実と同じなの? | comifo

その情報が秦王の耳に入るも、にわかに信じられなかった秦王はある仮説を立てました。

・・・・「はめられているのでは?」

秦王はこれは謀反ではなく、成蟜救出の戦いになると踏みました。

秦王の仮説は現実のものとなり、その救出を信頼できる信に頼みます。

すでに囚われている成蟜を救出するのは至難の業、助けに近づけば即座に成蟜を殺すだろうと踏んでいた信サイド。

思い切って助けられない難しさに身動きが制限され、成蟜は助けが間に合わず息絶えてしまいます。

ここのシーンがほんとに切なかったですね~。

成蟜も、秦王を認めこれからだって時にこの仕打ち・・

このシーンはざっくりと解説しましたが、ここはぜひ見てほしい部分です。

あの憎たらしかった成蟜が、漢(おとこ)を見せたシーンでしたね。

次ではこれからのキングダムのオススメの見どころをざっくりと紹介していきます!

【キングダム】合従軍後のオススメの見どころ10選とそのポイントも!

 


ざっくりと直後のストーリーは解説しましたが、ここではその先もふくめた見どころなどを10選紹介していきます!

著雍(ちょよう)攻略編

  • 秦国VS魏国
  • 大将は騰VS呉鳳明、魏火龍七師。

主人公の信が五千人将へと上がるきっかけとなる戦。

嬴政加冠編

  • 秦の内乱
  • 秦王VS呂不韋

加冠とは、国内外で正式に王であると認められること。

若王だった秦王は晴れてこの加冠をむかえ、正式に秦国の王となりました。

しかしここの話は秦王の母である太后の画策と、呂不韋の思惑、そして加冠の義の3つの話しが交わる秦の内乱の状況をえがいた複雑な展開。

秦国が新たにスタートを決めれるかどうかの重要な場面です。

黒羊攻防戦

  • 趙国VS秦国
  • 大将は桓騎VS慶舎

今までの城取り合戦とは違い、今度は森の中で丘を取り合うという戦い。

言わずと知れた二大将軍の激突。

主人公・信は、もともとやり方が全く違う桓騎軍に入り困惑します。

果たしてこの戦いの結末は・・・・。

斉王との会談編

  • 蔡沢の最期
  • 秦王と斉王の饒舌なバトル

他国の王に初めて中華統一をうち明かす展開。

斉王との謁見で、秦王の器の大きさと覚悟がえがかれる場面。

秦はここで重要な人物、蔡沢を失ってしまうことになります。

秦王の話しを聞いた斉王はどういった反応をするのか。

募兵の入隊試験編

  • 新しいキャラの人間ドラマ
  • 飛信隊の成長を実感できるシーン

初めて飛信隊の選抜試験がえがかれましたね。

厳しい入隊試験をクリアし、強い人も暑苦しい人も色々な人が入隊しました。

後の大きな戦では、超感動する場面にもかかわってきます。

鄴攻略編

  • 趙国VS秦国
  • 大将は我らが王翦VS李牧

これは、王翦ファンが待ちに待ったバトルですね。

登場当初からこれはどちらが強いんだ?と疑問の声も多数。

完全に知VS知の戦い。

軍配はどちらに上がるのか。

鄴攻略編ー山の民編ー

 

  • 秦国VS趙国
  • 山の民VS犬戎族

三大連合軍で開始となった鄴攻略編。

総大将は王翦ですが、山の民の楊端和と桓騎軍も合わせた連合軍。

なので各軍の戦、どれをとってもかなり大きな戦になりました。

その一つが山の民の戦い。

山の民の戦いは今まで何度かありましたが、ここが1番深く描かれましたね。

バジオウの過去、楊端和との出会いも描かれ、そこも見どころのポイントになってます。

信の改名:李信へ

  • 姓を「李」にした信の想い
  • その想いを「了解した」と一言で答える秦王、二人の関係性の深さを読み取れるすてきな描写になっています

信が目指していた高みへと、とうとうのぼりつめました。

ここの描写は感極まるものがありましたね。

それに必要だったのが姓を付けることでした。

什虎の戦い

  • 什虎城VS秦国
  • 大将は満羽VS蒙武

魏国と同盟を結んだ秦が什虎城に攻撃を開始。

相手は過去に楚に滅ぼされた小国の残党たちという異色の軍団。

什虎城どのようにして攻略するか、みどころは満羽VS蒙武のバトルです。

新六大将軍の発表

 

キングダムネタバレ最新671話予想 新六将はコイツ等だ!

キングダムネタバレ予想考察オフィスhttps://shinitikun1223.com/kingdom671-forecast/

 

  • 第一将:蒙武
  • 第二将:騰
  • 第三将:王翦
  • 第四将:楊端和
  • 第五将:桓騎
  • 第六将:空席

過去に王騎をふくめた6人の大将軍には、六将制度というものがありました。

他国にも脅威を与えていた彼らは時代の流れとともに残るは王騎将軍のみとなり、その王騎将軍も討ち死にしてしまいます。

しかしその制度自体を必要と再認識した現・秦王がその制度をふたたび復活させます。

六将に与えられた権限で1番大きいであろうそれが、戦争の自由。

その諸刃の剣ともいえる制度がふたたび戦乱の世をかき回していきます。

 

この他にもオススメの見どころはたくさんありますが、特にここはというところを今回はおさえてみました!

続きが気になる方はぜひ読んでみてください(*’▽’)

ちなみに合従軍戦の単行本はこちらで詳しく書いてます!

【キングダム】合従軍の話しは単行本の何巻から何巻まで?漫画を購入する場合の注意点についても
どうも!キングダム全巻持っているのに本屋さんにいってキングダムをみつけたらつい手に取ってしまうてんです(*'▽') ...

 

合従軍編の次にでかい戦は鄴攻め!

 


合従軍戦が終わり、次に来る大きな戦は間違いなく鄴(ぎょう)攻めでしょう。

ここは先ほど記述した通り、李牧VS王翦の見ごたえのあるバトルになっています。

難攻不落、絶対に落ちることのないといわれていた鄴。

秦はここをどうしても手に入れたく、その任務を王翦にたくします。

結論から言えば鄴は落ちます!

しかしここのすごいところは李牧を完膚なきまでに押さえ込んで、常に一手先の展開を描いていた王翦の戦い方にあります。

王翦ファンの私にとってはここのバトルはマジでふるえます。

ていうかここの話しで王翦ファンになりました(笑)

合従軍戦より長い巻数で描かれるここの話しは、合従軍戦に負けないほどの盛り上がりがあります。

ここの見どころとしては

  • 信VS煖の最終決戦
  • 兵糧(食べ物)がキーとなる戦い方
  • 山の民VS犬戎族

山の民についてはこちらを読んでみてください(*’▽’)

【キングダム】合従軍編に登場する山の民について解説!登場シーンについても
どうも!この前山の民に応募して弱すぎて入れなかったてんです! 今回は合従軍戦に登場する山の民についてがっつり解説し...

 

いつもの戦い方とは違い、食べ物が尽きるのがタイムリミットとしてはだかります。

信がとうとう将軍になるきっかけとなる戦なのでここまで読み進めることをオススメします!

まとめ

 


今回は合従軍戦のその後の話しを簡潔にまとめてみました!

どこも見どころ満載になっていますので、ぜひとも読み進めてください!

サイドストーリー的な展開もかなりおもしろいです。

たとえば信と羌瘣の恋バナとか・・・

最近の羌瘣の描写はめっちゃかわいい。

羌瘣といい王翦といい、魅力的なキャラの書き方がうまいっす原先生!

ではまたね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました